自分のブログ名

文具クエスト (ブンクエ)

スマート &シックな文房具を求めて試行錯誤

「ふせんジョッター」③ (簡易版)

f:id:amamimori:20200622134059j:plain

ステイホームでDIY。ポケットやベルトポーチへ気軽に入れられる簡易版「ふせんジョッター」

■テレワークやステイホームでEDCがカジュアル化

  テレワークやステイホームで自宅に居ることが多いし、着る服がカジュアルばかりなので、普段の持ち物である「EDC」(Every Day Carry)も変わってきた。

  以前は外を出歩くことを考えて、色々とモノが入る革製のベルトポーチをEDCとして持ち歩いていた。

  最近はカジュアルなファブリック製の小さめのベルトポーチを使っている。サイズが小さいので、ミニ6サイズの手帳でも ちょっとカサ張る。そういう時は 「ふせんメモ」だ。ふせん (ポストイット)にメモすると、手帳などへ移動させて貼り付けるのも、人に渡すのも簡単。

f:id:amamimori:20200622134352j:plain

■カジュアルなら簡易版の「ふせんジョッター」

  ふせんを そのまま持ち歩くのは、めくれたり、はがれたりいて具合が良くない。 以前にも紙製革製のふせんメモ帳「ふせんジョッター」を作ったが、もっと薄くて簡単なものの方がカジュアルに合う。だから簡易版の「ふせんジョッター」を作ってみた。

f:id:amamimori:20200622134422j:plain

  外へ出歩くことも少ないので、使う ふせんは名刺サイズに近い75×50サイズ。枚数も少なくて良い。見栄えも気にしない。

  自作するのは簡単だった。ふせん+αのサイズに切った黒いプラバンを台紙にして、クリアホルダーを切ったものをカバーとして貼り付けただけ。 キレイに切るのもカールの「ディスクカッター」を使えば、あっという間。

■まとめ

  カジュアルなEDCには、簡易版の「ふせんジョッター」が 良く似合う。作るのは簡単だし、十分役に立つ。

f:id:amamimori:20200208203809j:plain