自分のブログ名

文具クエスト (ブンクエ)

スマート &シックな文房具を求めて試行錯誤

夏色のペン (ハワイの海辺色) デルタ万年筆 カナカ・マオリ

f:id:amamimori:20190715231621j:plain

季節に合わせた色のペンやインクでリフレッシュしたい。真夏だったらハワイの海辺色でリゾート気分

■暑い季節には海辺の色でリゾート気分

  自宅で使うペンとインクは、季節に合わせて違う色合いのものを使って、マンネリ気味の気分をリフレッシュしている。以前も初夏に合う新緑色のペンとインクを紹介した。

  夏らしくなった今の季節ならハワイの海辺色のペンやインクだと、家にいてもリゾート気分になれるのではないか。

■ハワイの海辺色のペン

f:id:amamimori:20190715231641j:plain

  選んだペンは、デルタの限定品の万年筆「 ハワイ カナカ・マオリ 1K」。 

 「カナカ・マオリ」とは、ハワイの先住民族のこと。海を渡ってハワイに住み着いた祖先の伝統を伝える装飾や色彩をまとった、2012年限定品。デルタは、少数民族シリーズの限定品を数多く販売していたが、そのうちの1つ。

f:id:amamimori:20190715231810j:plain

  ハワイの空と海と砂浜を写し取ったような軸のグラデーションは、実に独創的で、これほど見事にテーマを体現した万年筆は、これまで見たことがない。その色合いは、軸の角度ごとに全て異なり、手に持った軸を回すと砂浜から沖合へ出ていくようなイメージで、様々な表情を見せてくれる。そして、軸の青い色合いに、伝統的な模様で細工された銀の金具が、良くマッチしている。この万年筆の美しさに惚れて、高額なのに思わず購入してしまった。

・全長 147mm

・直径 17.4mm(キャップ)、15.5mm(軸)

・重量 43g

(※自分で測った値なので、仕様とは違うかもしれない)

■ハワイの海辺色のペンに合わせたインク

f:id:amamimori:20190715231707j:plain

  海辺色の万年筆には、マリンブルーのような色のインクを合わせた。ペリカンの「4001ターコイズ」。ふだんは、さし色(アクセントカラー)として、本文中で目立たせるときにだけ使っている。それで本文を書いてみたら、思っていたより濃淡が出て、意外と字が読みやすくて面白かった。

■まとめ

  ハワイのビーチをイメージさせるようなペンを見ていると、自宅にいながらリゾート気分になるし、ペンのデザインが持つ可能性を いろいろ想像させる。

f:id:amamimori:20190224092521j:plain

その他の おすすめ記事は こちら

趣味の文具箱 Vol.23[雑誌]

趣味の文具箱 Vol.23[雑誌]