自分のブログ名

文具クエスト (ブンクエ)

スマート &シックな文房具を求めて試行錯誤

3本のペン② コンクリン 旧型「シンメトリック」シリーズ

f:id:amamimori:20191019130854j:plain

デスクマット上に3本のペンを並べるとしたら どうするか

■同じシリーズの3本セット

  前回、REXITEのデスクマットに並べる3本のペンを同じ万年筆の色違いのセットにしたことを紹介した。3本のペンが同じ形状・寸法なので統一感がある。しかし、全部万年筆だと、ノート以外で、書類に記入したり、雑誌にマーキングしたりするような汎用的な用途に向かない。

  今回は、同じシリーズで3本のペンをそろえて、ペン種の違いの使い分けにトライしてみる。ペン種の違いというのは、万年筆、ローラーボール(水性ボールペン)、油性ボールペンという種類を別にするということ。

 

f:id:amamimori:20191019130926j:plain

■選んだペンのセットは

   同じシリーズでペンを そろえると、形状・寸法は大体そろう。軸の色は、区別しやすくするため色分けする方法もあるだろうが、ここでは統一感を重視して、同じ色で そろえた。選んだのは、モザイク柄が美しいコンクリン 旧型 「シンメトリック」ブルー/ブラウンの3本。

f:id:amamimori:20191019130959j:plain

  このシリーズのデザインは、前回紹介したパイロット 万年筆  旧型「レガンス」と似たような両端が丸まった形状、所々光輝く奥深い色合いの柄、ゴールドの金具なので、一緒に並べても あまり違和感がない。

①万年筆、インク色 ブルーブラック (ノート用)

②油性ボールペン 、インク色 ブルー (ノート追記や書類記入用)

ローラーボール、インク色 オレンジ等 (ノート追記やマーキング用)

(※ ①ブルーブラック→②ブルー→③オレンジの順で進出色。一応3D筆記術の色分け)

  シンメトリックのボールペンの芯(リフィル)は、油性ボールペンがパーカータイプ、ローラーボールがC-300タイプなので、他社のリフィルに入れ替えが しやすい。自分は、油性ボールペンのリフィルはゲルインクに入れ替え、ローラーボールのリフィルは消せるボールペン(フリクションボール)に入れ替えている。このように書き味や機能を変えられると用途が広がる。(※自分の場合の話なので、結果を保証しない。試すときは自己責任で)

■まとめ

  デスクマット上に種類の違うペンが3本並ぶと それだけで大体の用途に対応できる。3本のペンをシリーズの同じ色でそろえたので、同じペンを色違いでそろえるより、統一感があるかもしれない。すでに「万年筆沼」にハマっていたが、これで「ボールペン沼」まで広がった。

f:id:amamimori:20190224092521j:plain

<PR>