文具クエスト (ブンクエ)

スマート &シックな文具で モチベーションアップ

文具王と同じだと うれしい 『究極の文房具カタログ』(おすすめ本)

f:id:amamimori:20180526214256j:plain

 

モノの種類が多いと、なかな選べない。文具雑誌を見ても、多種多様な製品が載っていていて目移りする。文具のプロが選んだ製品なら厳選されているに違いない。

 ■なぜこの本を読んでみたか

  何か買いたいと思って読むわけではない。何か良いものが見つかれば、買っても良いかな という状態。いわゆる「ちょっと見るだけ」。もちろん、紹介されているモノが何かだけではなく、なぜマストアイテムとなっているかの理由(観点)が重要。その理由が理解できれば、今後の文具選びも上手くなるのでは。

■どんな本か

  著者が毎日使っているマストアイテムの文具70種類以上を詳しく紹介。イラストも著者自ら描いていて上手い。

  著者は、TVチャンピオン3度優勝の文具王、高畑正幸氏。

■参考にしたポイントは

  この本で紹介されている文具のうち、自分が使っていたのは6種類。まるで自分の選択が文具王に認められたようで うれしい。それで、文具の特長や使い方を再認識できたのは良かった。

  そのうえ、この本を読んで感化されてしまって買ったのは、これらの文具3種類。いずれもシックな外観で自分の好みだが、機能的な特長も素晴らしい。

rotring フォーインワン (多機能ペン)

  ガンメタルの渋い色、円柱形のシンプルな形状、持ちやすい太さ、重厚感のある重量が気に入っている。ペン先出したままポケットに挿さないよう、クリップを開いてペン先を引っ込める機能も良い。

PILOT キャップレス ブラック (万年筆)

  オールブラックのシックな色、ペンの先端と一体化したクリップと多角形軸の凝った形状が、廃番となってしまった現在では貴重。ノック式万年筆ながら軽量で、シャツの胸ポケットに挿すのにも適している。なんとか店頭在庫を見つけられたが、廃番が惜しまれる。

NT D-400 (デザインナイフ)

  薄く鋭い刃、円筒形で刃の向きを回転させやすい軸、カッコイイだけでなく実に機能的。よく切れるために気を抜くと思わぬところまで切れてしまうため、集中力が必要。

f:id:amamimori:20180526214440j:plain

(左 rotring、中 PILOT、右 NT)

■まとめ

  未知の文具を知るのも、自分が使っている文具の特長を再認識するのも、どちらも役立つし うれしい。ちょっと見るだけと思っていた自分は、この本に感化されて、3種類の文具を買ってしまったが、買って良かった。

f:id:amamimori:20180513230109j:plain

 <PR>

 

究極の文房具カタログ【マストアイテム編】

究極の文房具カタログ【マストアイテム編】