自分のブログ名

文具クエスト (ブンクエ)

スマート &シックな文房具を求めて試行錯誤

現場手帳③ 現場手帳用のボールペンを見直し

f:id:amamimori:20211218234227j:plain

屋外で雨に濡れながら書くのに適したボールペンへ変更

■屋外で雨に濡れる現場で書く

  これまで工場などの現場で手帳に書くボールペンは手帳カバーに似合う無印良品の「アルミ フラットクリップ ボールペン」を選んで使っていた。

  ところが最近は屋外で書く機会が増え、雨に濡れた紙面に書くことも ある。そこで耐水性に優れたボールペンへ変更することにした。

■耐水性の実験結果のベストチョイス

  前回前々回で紹介した通り、ボールペンの耐水性を実験した。その結果をまとめると、三菱鉛筆の加圧式ボールペン「パワータンク」がベストチョイスだった。(水中筆記 1位、筆記後水ぬれ 同着2位■手帳のペンホルダーに合う軸

  ところが今でも販売中の三菱鉛筆「パワータンク スタンダード」の軸はゴツいゴムグリップが付いていて、手帳のペンホルダーには抜き挿し しにくい。

  そこでパワータンクの芯が入るゼブラ 「F-701」に三菱鉛筆の加圧式ボールペン芯「SJP-7」や「SJP-10」を入れて現場手帳用のボールペンとした。これは以下の通り現場手帳用のボールペンとしてピッタリだ。

f:id:amamimori:20211218234306j:plain

①手帳に合うサイズ、形状、色

  スリムな円筒形の軸でペンホルダーに抜き挿ししやすい

  シックなシルバーとブラックの配色でブラックの手帳に合う

  ②壊れにくい

  分厚い金属性の軸で落としたりしても壊れない

③持ちやすい

  ローレット加工されたグリップで手袋をしていても滑らない

④インクに耐水性がある

  実験結果の通りベストチョイス

f:id:amamimori:20211218234359j:plain

■まとめ

  これまでのシックな無印良品アルミ フラットクリップ ボールペンから耐水性を重視してゼブラ F-701と三菱鉛筆SJP-7へ見直した。

  用と美のバランスで言うと、少し美観寄りから少し実用性寄りへ見直し。それでも十分良いバランスではないか。

その他 おすすめ記事はこちら 

f:id:amamimori:20211024091051j:plain

<PR>