自分のブログ名

文具クエスト (ブンクエ)

スマート &シックな文房具を求めて試行錯誤

ボールペン耐水性 実験② 書いた後しばらく経ってからの耐水性を実験した

f:id:amamimori:20211204212612j:plain

前回の水中筆記実験とは違った結果が面白かった

■書いてから水濡れすると どうなる

  前回は屋外でノートを書いているとき雨に降られたことを想定した実験だった。

  それより書いた後しばらく経ってから紙が濡れることの方が多いかもしれない。コップの水をこぼしたり、手紙の宛名書きが雨で濡れたり。そんな場合を想定したボールペンの耐水性を実験してみた。

■実験対象のボールペン

  実験対象のボールペンは前回と同じ。様々な会社の様々な種類のボールペン(芯)。

・加圧式ボールペン

フィッシャー スペースペン

三菱 パワータンク

・油性ボールペン

③パーカー クインク フロー

④ラミー LM16

・低粘度油性ボールペン

⑤三菱 ジェットストリーム

ぺんてる ビクーニャ

・顔料ゲル ボールペン

⑦ゼブラ サラサ クリップ

三菱鉛筆 シグノ ノック式

ぺんてる ハイブリッド

・染料ゲル ボールペン

ぺんてる エナージェル

■実験の方法は

  ノートの紙面に書いて10分間以上たってから、紙面を水道の水でタップリ濡らし、筆跡を比べる。

  使用するノートはインクの染みやすさの違いを見るため2種類。前回と同じコクヨNOTEBOOK」ノ-193Aに加えて、ロディア ブロックNo. 11コクヨの方がインクが染みやすく、ロディアの方が染みにくい。

■実験の結果は

  結果は前回実験で水に弱かったボールペンが健闘していて意外。それでもスペースペンや低粘度油性が水に弱いのは前回同様。ゲルボールペンの結果は結構バラバラなのが面白かった。

f:id:amamimori:20211229171008j:plain

①フィッシャー スペースペン △

  前回同様で水に弱い。水に濡らすと筆跡はブルーに色が変わり、周囲にインクが にじんで広がる。ただし残る筆跡は濃いので、読むことはできる。コクヨだと裏抜けが少し発生した。

三菱鉛筆 パワータンク 〇

  水濡れしても筆跡は ほとんど にじまない。筆跡の細部が薄れているのは水のせいではなく、粘性高めのインクによる元々の かすれ。

③パーカー クインク フロー 〇

  パワータンクと同様の傾向。

④ラミー LM16 〇

  パワータンクと同様の傾向。

三菱鉛筆 ジェットストリーム

  スペースペンと同様の傾向。ただしインクが染み込みにくいロディアの方は にじみが激しかった。

ぺんてる ビクーニャ

  ジェットストリームと同様の傾向。

f:id:amamimori:20211229171043j:plain

⑦ゼブラ サラサ クリップ ○

  筆跡に変化なし。水濡れ前の筆跡も鮮明で完璧。

三菱鉛筆 シグノ ノック式 ○ (裏面を使うなら△)

  水ぬれして筆跡が少しボヤけたが、筆跡は濃い。ただしコクヨだと裏抜けが少し発生した。

ぺんてる ハイブリッド ○ (書いてすぐなら×)

  インクの渇きが遅いのか、書いてからの時間によって結果が全く違う。書いてから数分だと水にインクが かなり溶けだしてしまう。しかし書いて10分くらいたったら全く流れなくなる。

ぺんてる エナージェル △ (裏面を使うなら×)

  染料インクなので水に弱いかと思ったが、紙に染み込みやすいインクの特性のためか意外と検討。周囲にインクは広がるが、筆跡は残るので読むことは できる。ただしコクヨだと裏抜けが激しいので裏面は使えない。

f:id:amamimori:20211229171108j:plain

■ベストチョイスは

  10種類のボールペンのうちベストチョイスは⑦ゼブラ サラサ クリップ。鮮明な筆跡で完璧。

■まとめ

  意外と どのボールペンも読めなくなるほど水に弱くは なかった。事前のイメージほど水濡れを心配しなくても良さそう。

■注記

※このレビューは あくまで個人的な実験結果、結果は状況によるので要注意

f:id:amamimori:20211024091051j:plain

その他 おすすめ記事はこちら

<PR>