自分のブログ名

文具クエスト (ブンクエ)

スマート &シックな文房具を求めて試行錯誤

ラミー スイフトの芯で必要最小限の「ミニマムボールペン」

f:id:amamimori:20190818110655j:plain

ボールペンの芯だけでもペンとしての機能は十分? それに足らない必要最小限の機能とは何だろうか?

■ボールペンは芯(リフィル)が本体?

  ラミーのローラーボールスイフト」のインクを使い切って、芯(リフィル)を交換しようとしたとき、ふと思いついた。この立派な金属製の芯だけで、書くのには十分じゃないか。さすがに それだけでは使いにくいので、必要最小限の機能を追加して「ミニマムボールペン」を作ってみた。

f:id:amamimori:20190818110723j:plain

■ボールペンに必要な機能を芯に追加

①書く

  芯だけで十分。

②持つ

  手に持って力を入れやすくするグリップが必要。

  そこで、革のハギレで革巻きグリップを作ってみた。滑りにくいようグリップの外側が革の床面(毛羽立った面)。

③ペン先をしまう

  ペン先が むき出しだと周りにインクが付いてしまう。

  そこで、グリップと同じ革でキャップを作った。ペン先収納機能などより簡単。

④転がり止め

  机から転がり落ちないようにすることが必要。

  ここでは、革巻きキャップの巻き終わりが転がり止めになる。

⑤クリップ

  ポケットなどへ挿すときにはクリップが必要だが、ペントレイなどでは不要。

  ここでは、省略。

■ミニマムボールペンはこうなった

f:id:amamimori:20190818110623j:plain

①形状・寸法・重量

・形状: 基本的に太さが異なる円筒形の組み合わせでシンプル

・色: つや消し黒(マットブラック)にシルバーのアクセントでシック

・全長: 110mm

・直径: 8.6mm(グリップ)、6.8mm(芯)

・重量: 6.5g(元々の芯だと4.5g)

②機能・書き味

  軸が無いので軽く、革巻きグリップは手にフィットして、思うように動かせる。

  また軸がないので、ペン先のタッチがソフト。ラミーの芯のペン先付近は、樹脂部品なので柔軟性がある。そのため軸が無いと、筆圧をかけたとき芯が しなって筆圧を和らげてくれる。万年筆のようにタッチが柔らかくなって、気持ち良い。これが1番気に入った。

③使い勝手

  革巻きグリップを両面テープで芯に直接貼り付けたので、芯を交換するとき革を貼り付け直すのが少し面倒。

■まとめ

  ミニマムボールペンを作ってみたら、指にフィットする革巻きグリップとペン先のソフトタッチが気持ち良くて、お気に入り。手軽なので、ペントレイに置いておくと何気に手に取ることが多い。

f:id:amamimori:20190224092521j:plain

<PR>