文具クエスト (ブンクエ)

スマート &シックな文具で モチベーションアップ

最速の手書きメモ① 「キーボード メモ」

f:id:amamimori:20180814144611j:plain

キーボード作業から最速で手書きメモする方法とは?

 ■はじめに

  ふだん仕事をしていると、キーボードを操作している時間が大部分。しかし、メモを手書きしたいことも よくある。キーボードを打っている状態から すぐに手書きメモできる方法を考えてみた。(自分で工夫するのが「ブンクエ」)

■どうするか

  キーボードの所にメモ用紙とペンがあれば、最短距離、最小動作でメモが書ける。言うならば、「キーボード メモ」。

①キーボードのフレームが大きい場合

  キーの周りにスペースの余裕がある場合、そこにメモ用紙とペンを置く。

・メモ用紙は、小さめの ふせん(ポストイット)。グラつかないよう、裏紙をテープでキーボードにとめる。

f:id:amamimori:20180814144858j:plain

・ペンは、転がり落ちにくいよう、六角形断面のボールペン。例えば、無印良品の「ポリプロピレン六角軸油性ボールペン」は、クリップも軸の面と合わせた形状なので、とても安定している。軸が六角だけでも転がりにくいが、さらに安定。

f:id:amamimori:20180814144643j:plain

(左 アルミ六角ボールペン、右 ポリプロピレン六角ボールペン)

  このペンは、軽くて手に取りやすく、ノックするのに親指が届きやすい長さなので、とっさのメモ書きに向いている。さらに自分は、これにゲルインキの芯(リフィル)を入れているので、大きな筆圧をかけなくても書くことができる。

f:id:amamimori:20180814144805j:plain

②キーボードのフレームが小さい場合

  キーの周りにスペースの余裕がない場合、メモ用紙とペンを置く台を自作した。

・台は、キーボードの色に合わせた厚紙で工作。台の上でメモを書けるだけの強度を持たせ、キーボードの傾斜に合わせながらケーブルなどを よける形に加工し、キーボードに密着するようテープでとめる。

f:id:amamimori:20180814144937j:plain

■実際に試してみると

①外観

  キーボードが角ばった形状だと、四角い ふせんや六角のペンに合っている。文具のカラーポリシーとして黒基調でそろえると、キーとペンの色と質感が なじんで、とって付けた違和感がない。

②機能

  最短距離でペンを手にして、メモを書けるのは、期待通りで とても便利。ペン先を出しっぱなしにしておけば、ノックしてペン先を出す手間すら不要で、最小動作でメモできる。ポリプロピレン六角軸油性ボールペンは、転がり落ちにくい形状なので、急いでも手に取りやすい。

③使い勝手

  ふせんをセットするとき、裏紙をテープでとめる必要があるが、大した手間ではない。

④難しさ

  台を自作する場合は、キーボードの形状に合わせて寸法どりする手間が必要だが、難しくはない。

⑤総合

  この用途に適したペンが選べれば、とても便利。

■まとめ

  キーボードに ふせんとペンを置いた「キーボード メモ」だと、キーボード作業から最速で手書きメモできる。無印良品の「ポリプロピレン六角軸油性ボールペン」は、キーボードになじむ色、転がり落ちにくい形で、この用途にピッタリだった。

f:id:amamimori:20180804164325j:plain