文具クエスト (ブンクエ)

スマート &シックな文具で モチベーションアップ

親指でキー入力が圧倒的に楽② 「親指コントロール」(Windows編)

f:id:amamimori:20180630174417j:plain

普通のキーボードでも、親指をもっと使うとキー入力が圧倒的に楽。その方法とは?

 ■はじめに

  前回、キー入力が圧倒的に楽なキー配置のアイデアとして「親指コントロール」と「ホームポジション・カーソル」を紹介した。今回は、そのうちの「親指コントロール」について自分流の具体的設定方法を紹介する。

■「親指コントロール」とは

   力が強く、キーボードの横方向に動かしやすい親指で、ひんぱんに使う[Enter]キー、[Ctrl]キー、[Shift]キーを打てるようキー配置をカスタマイズする。

[変換]⇒[Enter]

[無変換]⇒[Ctrl](キーボードショートカット時。単独では[無変換]のまま)

[Space]⇒[Shift](他のキーと組み合わせ時。単独では[Space]のまま)

(※[物理的に押すキー]⇒[入力されるキー(コード)]という意味)

f:id:amamimori:20180630174436j:plain

■自分の環境は

①キーボード

  [変換]キーと[無変換]キーの付いている日本語キーボード。自分は、[変換]キーと[無変換]キーが中央付近になるよう、[Space]キーが[V]、[B]、[N]よりも短い外付けキーボードを主に使っている。

②ソフトウェア

  OSは、Windows7とWindows10。

  キーボードカスタマイズソフト(キー配列変更ソフト)は、レジストリを書き換えずにキー配置の自由度が高い「DvorakJ」(version=2014-03-30)。

■具体的な設定方法は

  「DvorakJ」の設定を以下の通りにする。(※環境などによっては、この通りにならない場合もあるので注意)

[Shift]の設定

・設定画面から、"キーボード"→"入力全般"→"SandSなど"を選択

  "SandS"のチェックボックスをオン (⇒[Space]が[Shift]としても使えるようになる)

[Enter]の設定

・設定画面から、"キーボード"→"単一キー"→"[無変換]など"を選択

  "[変換]"で"{Enter}"を選択 (⇒[変換]が[Enter]として使えるようになる)

[Ctrl]の設定

・設定画面から、"キーボード"→"入力全般"→"SandSなど"を選択

 " [無変換]+[文字]と[変換]+[文字]"のチェックボックスをオン

 "選択"のボタンから、"Ctrl.txt"を選択。(⇒キーボードショートカットで文字キーと組み合わせたとき[無変換]が[Ctrl]として使えるようになる)

・設定画面から、"キーボード"→"単一キー"→"[無変換]など"を選択

  "[無変換]"で "そのまま"を選択(初期設定のまま)

 ■まとめ

  キー入力は もっと親指を 使うべき。 「親指コントロール」でキー配置をカスタマイズしたら、キー入力が圧倒的に楽になった。絶対お勧め。

f:id:amamimori:20180513225113j:plain