文具クエスト (ブンクエ)

スマート &シックな文具で モチベーションアップ

親指でキー入力が圧倒的に楽① (Windows編)

f:id:amamimori:20180630174417j:plain

パソコンのキーボードもデジタル文具の一つ。普通のキーボードでも、キー配置をカスタマイズ(入れ替え)して、圧倒的に使いやすくできないだろうか?

■はじめに

  ふだん文章入力で ひんぱんに小指で打ったり、方向キー(矢印キー)に指を伸ばしたりしていて、面倒だし疲れる。また、キーボードショートカットで使うキーは、キーボードの左下や右下に配置されていて打ちにくい。

  ボールペンの芯(リフィル)を入れ替えて好みの色や書き味にするように、キー配置をカスタマイズして人間工学的にもっと楽にキー入力できるようにならないか。

■入力の楽なキー配置とは

 キー入力が楽なキー配置を考えてみた。力が強くて、横に動かしやすい親指をもっと使う、ひんぱんに使うキーをホームポジション付近に配置するのがアイデア

f:id:amamimori:20180630174548j:plain

①「親指コントロール

   人間工学(エルゴノミック)キーボード製品を調べてみると、ひんぱんに使う[Enter]キー、[Ctrl]キー、[Shift]キーが、親指で打ちやすい位置に配置されているものが あった。それにならって、普通のキーボードでも これらのキーを親指で打ちやすい位置に配置する。人間工学的には、力が強く、キーボードの横方向に動かしやすい親指をもっと使うべきだ。

②「ホームポジション・カーソル」

  その他で ひんぱんに使うのは、方向キー、[BackSpace]キー、[Delete]キー。これらは、ホームポジション付近の文字キーによるショートカットにする。

f:id:amamimori:20180630174633j:plain

■キー配置のカスタマイズ方法は

①キーボード

   [変換]キーと[無変換]キーの付いている日本語キーボードを使う。もしキーボードを選べるのであれば、[変換]キーと[無変換]キーが中央付近になるよう、[Space]キーが なるべく短いものを選ぶと打ちやすい。例えば、[Space]キーの長さが、[V]、[B]、[N]と同じ長さか、それよりも短いものが良い。

②ソフトウェア

  キーボードカスタマイズソフト(キー配列変更ソフト)をインストールして、キー配置の設定を変更する。自分が最近使っているのは、レジストリを書き換えずにキー配置の自由度が高い「DvorakJ」(version=2014-03-30)。Windows 7Windows 10の環境で利用している。このソフトに限らず、設定の自由度が高いソフトならば良い。

③キー配置の設定

  キーボードカスタマイズソフトで、ひんぱんに使うキーの配置を以下のように設定する。ほとんどホームポジションで打てるようになるので、キー入力が とても楽になる。(詳細は次回以降紹介)

1) [Enter][Ctrl][Shift]

  親指のホームポジション付近のキーに配置する。

[変換]⇒[Enter]

[無変換]⇒[Ctrl](キーボードショートカット時。単独では[無変換]のまま)

[Space]⇒[Shift](他のキーと組み合わせ時。単独では[Space]のまま)

(※[物理的に押すキー]⇒[入力されるキー(コード)]という意味)

f:id:amamimori:20180630174736j:plain

2) 方向キー、[BackSpace][Delete]

  親指で打つ[Ctrl]とホームポジションの文字キーによるショートカットを設定する。これらは、他のショートカット設定と比較的干渉しにくい組み合わせ。(もし干渉した場合は、別の文字キーのショートカットに)

[Ctrl]+[G]⇒[Delete]

[Ctrl]+[H]⇒[BackSpace]

[Ctrl]+[J]⇒[↑]

[Ctrl]+[K]⇒[←]

[Ctrl]+[L]⇒[→]

[Ctrl]+[;]⇒[↓]

(※[物理的に押すキー]⇒[入力されるキー(コード)]という意味)

f:id:amamimori:20180630174800j:plain

■まとめ

  キー入力は もっと親指を 使うべき。 「親指コントロール」と「ホームポジション・カーソル」というアイデアで、ひんぱんに入力するキーの位置をカスタマイズしたら、キー入力が圧倒的に楽になって、元へ戻れない体になってしまった。公式にサポートして欲しいレベルで、絶対お勧め。

f:id:amamimori:20180513230109j:plain