文具クエスト (ブンクエ)

スマート &シックな文具で モチベーションアップ

親指でキー入力が圧倒的に楽⑤ (Mac編)

f:id:amamimori:20180630174417j:plain

Windows PCをカスタマイズしてキー入力が圧倒的に楽になってしまった。Macを同じようにカスタマイズする方法は?

 ■はじめに

  これまで紹介したように、「親指コントロール」と「ホームポジション・カーソル」というアイデアで、Windows PCのキー配置をカスタマイズしたら、 キー入力が圧倒的に楽になって、元へ戻れない体になってしまった。そうなると、Macも同じようなキー配置でないと使えなくなってしまったので、カスタマイズする。

■キー配置のカスタマイズ方法は

  アイデアは、Windows PCと同じ。Macだとキーの種類を置き換えて考えた。キーボードは、親指でいろいろなキーを打つため、[かな]キーと[英数]キーの付いている日本語キーボードを使う。

①「親指コントロール

   ひんぱんに使う[Return]、[Command]、[Shift]を親指のホームポジション付近のキーに配置する。

[かな]⇒[Return]

[英数]⇒[Command]

[Space]⇒[Shift](他のキーと組み合わせ時。単独では[Space]のまま)

(※[物理的に押すキー]⇒[入力されるキー(コード)]という意味)

f:id:amamimori:20180630225044j:plain

②「ホームポジション・カーソル」

  ひんぱんに使う方向キー、[Delete]などをホームポジション付近の文字キーによるショートカットにする。これらは、他のショートカット設定と比較的干渉しにくい組み合わせ。(もし干渉した場合は、別の文字キーのショートカットに)

[Command]+[G]⇒[Fn]+[Delete]

[Command]+[H]⇒[Delete]

[Command]+[J]⇒[↑]

[Command]+[K]⇒[←]

[Command]+[L]⇒[→]

[Command]+[;]⇒[↓]

(※[物理的に押すキー]⇒[入力されるキー(コード)]という意味)

f:id:amamimori:20180630225143j:plain

■自分の環境は

①キーボード

  親指でいろいろなキーを打つため、[かな]キーと[英数]キーの付いている日本語キーボード。

②ソフトウェア

  OSは、Mac OS 10.9.5。

  キーボードカスタマイズソフト(キー配列変更ソフト)は、設定の自由度が高い「Karaviner」10.22.0。

■具体的な設定方法は

  「Karaviner」の設定を以下の通りにする。(※環境などによっては、この通りにならない場合もあるので注意)

①「親指コントロール

  設定画面"karaviner preferences"から"Change Key"を選択

・"Cange Space key"を選択し、"Space to Shift_L (When you type Space only, send Space)"をオン

・"For Japanese"→"Change KANA Key"を選択し、"KANA to Return"をオン

・"For Japanese"→"Change EISUU Key"を選択し、"EISUU to Commanf_L(+ When you type EISUU only, send EISUU)"をオン

・"For Japanese"→"左右のコマンドキーを「英数/かな」としても使う"の"コマンドキーの動作を優先モード"をオン 

  この設定をすると、日本語IME切り替えは こうなる。

右[Command]⇒[かな]

左[Command]または[英数]⇒[英数]

f:id:amamimori:20180630225220j:plain

②「ホームポジション・カーソル」

・設定画面"karaviner preferences"から"Misc&Uninstall"を選択し、"Custom Setting"から"private.xml"をオープン

テキストエディタで以下のテキストを入力。

<?xml version="1.0"?>

<root>

<list>

 

<item>

<name>Command+jkl to Up/Down/Left/Right</name>

<identifier>command_jkl_updown</identifier>

<autogen>--KeyToKey-- KeyCode::J, ModifierFlag::COMMAND_L, KeyCode::CURSOR_UP</autogen>

<autogen>--KeyToKey-- KeyCode::SEMICOLON, ModifierFlag::COMMAND_L, KeyCode::CURSOR_DOWN</autogen>

<autogen>--KeyToKey-- KeyCode::K, ModifierFlag::COMMAND_L, KeyCode::CURSOR_LEFT</autogen>

<autogen>--KeyToKey-- KeyCode::L, ModifierFlag::COMMAND_L, KeyCode::CURSOR_RIGHT</autogen>

</item>

 

<item>

<name>Command+H to Delete</name>

<identifier>delete_command_h</identifier>

<autogen>--KeyToKey-- KeyCode::H, VK_COMMAND, KeyCode::DELETE</autogen>

</item>

 

<item>

<name>Command+G to Fn+Delete (Forward)</name>

<identifier>deleteforward_command_g</identifier>

<autogen>--KeyToKey-- KeyCode::G, VK_COMMAND, KeyCode::DELETE, ModifierFlag::FN</autogen>

</item>

 

<item>

<name>Command+U to F6 (hirakana)</name>

<identifier>command_U_to_f6</identifier>

<inputmode_only>JAPANESE</inputmode_only>

<autogen>--KeyToKey-- KeyCode::U, VK_COMMAND, KeyCode::F6</autogen>

</item>

 

<item>

<name>Command+I to F7 (katakana)</name>

<identifier>command_I_to_f7</identifier>

<inputmode_only>JAPANESE</inputmode_only>

<autogen>--KeyToKey-- KeyCode::I, VK_COMMAND, KeyCode::F7</autogen>

</item>

 

<item>

<name>Command+O to F9 (zenkaku eisu)</name>

<identifier>command_O_to_f9</identifier>

<inputmode_only>JAPANESE</inputmode_only>

<autogen>--KeyToKey-- KeyCode::O, VK_COMMAND, KeyCode::F9</autogen>

</item>

 

<item>

<name>Command+P to F10 (zenkaku eisu)</name>

<identifier>command_P_to_f10</identifier>

<inputmode_only>JAPANESE</inputmode_only>

<autogen>--KeyToKey-- KeyCode::P, VK_COMMAND, KeyCode::F10</autogen>

</item>

 

</list>

</root>

 

・設定画面"karaviner preferences"から"Chage Key"を選択し、"Reload XML"ボタンをクリック。

  →この設定をすると、以下ショートカットが追加される。

"command+jkl to up/down/left/right" オン

"command+H to Delete" オン

"command+G to Fn+Delete"オン

■まとめ

  MacでもWindows PCと同じようなキー配置のカスタマイズができた。 「親指コントロール」と「ホームポジション・カーソル」というアイデアで、キー入力が圧倒的に楽になって、ますます元へ戻れない体になってしまった。公式にサポートして欲しいレベルで、絶対お勧め。

f:id:amamimori:20180630223321j:plain