自分のブログ名

文具クエスト (ブンクエ)

スマート &シックな文房具を求めて試行錯誤

手帳用クリップカッターを自作① (OHTOスーパークリップ改造)

f:id:amamimori:20190202170425j:plain

手帳に挿しておけるクリップ付き小型カッターを自作。開封などで すぐに使えて便利。

■カッターやハサミの用途のほとんどは開封

  文房具のカッターやハサミを日常生活で使う用途を考えてみると、そのほとんどが開封だった。それだったら、高機能なものでなくても良い。むしろ、機能は開封時の切れ目を入れる程度の最小限ながら、小型で携帯性に優れたものの方が便利な気がする。

①封書、小包、小物、食品などの開封(これが9割以上)

②雑誌、パンフレットなどの切抜き(時々)

③自作文房具などの工作(たまに)

■手帳と一緒に携帯するなら薄くてクリップ付

  自分は常時手帳を携帯しているので、それと一緒にカッターなどを携帯すれば、予定な手間は増えない。携帯性のためには、手帳に挿せるクリップが付いていて、最小限の薄さの物が良い。市販品の携帯用カッターやハサミを調べてみたが、クリップが付いて薄いものは見当たらなかった。そこで、いっそクリップをカッターに加工すれば、超小型カッターが できるのでは と考えた。

■クリップを改造して超小型カッターに

f:id:amamimori:20190202170451j:plain

  クリップで着目したのは、OHTOの「スーパークリップ」。1枚の金属板を曲げただけの単純な構造ながら、ただ挿し込めば しっかり留まる。これを改造して、超小型クリップカッターを作ってみた。

・加工方法

①クリップの斜め下部分をカットしてフックのような形にする。

②カットした後の角をヤスリでならす。角が尖っていると危険。

f:id:amamimori:20190202170711j:plain

・使い方

①普段は、クリップで手帳などに挿しておく。薄くて小さいので、挿してもジャマにならない。

②使うときは、フックで引っかけるようにしてパッケージや梱包テープなどに切れ目をつける。ちょっとした切れ目が出来れば、後は手で開封できる。

f:id:amamimori:20190202170623j:plain
■まとめ

  OHTOのスーパークリップを改造した超小型クリップカッターは、手帳に挿していると使う機会も多くて、必要最小限の機能ながら結構役に立つ。

f:id:amamimori:20181208153318j:plain

<PR>

オート クリップ スーパークリップ大 SC-800L

オート クリップ スーパークリップ大 SC-800L