自分のブログ名

文具クエスト (ブンクエ)

スマート &シックな文房具を求めて試行錯誤

腕時計に合わせるペン選び③ (ブライトリング コスモノート)

f:id:amamimori:20190105165205j:plain

小物のスタイリングを統一したい。ヴィンテージな腕時計にマッチするペンを紹介。

■ヴィンテージでメカニカルな腕時計

  気合を入れて出かける際に着ける腕時計は、ブライトリングの手巻き機械式腕時計コスモノート」。このモデルは、1962年に米国宇宙飛行士が着けたのと同様のもの。当時のヴィンテージらしい雰囲気を感じさせるだけでなく、24時間表示、航空計算尺、ストップウォッチ(クロノグラフ)機構などが搭載されていて、メカ好きの心に強力に訴えかけてくる。手巻き式なのも、このモデルの歴史を考えると、不便とは思わない。

・文字盤は、目盛りや針が目立つ黒地に3つの小ダイヤルを載せたメカニカルなもの。

・目盛りは、時刻だけでなく計算尺など多数の表示をした緻密なデザイン。

・ベゼルなどは、操作のための刻みが滑らかに処理された上質な加工。

・ベルトは、肉厚な牛革、素朴なステッチで、クラシカルなデザイン。

■腕時計に合わせるペン

f:id:amamimori:20190105165234j:plain

  腕時計のデザインやイメージなどに合わせて、ペンを選んでみた。

ペリカンの万年筆「500」トートイス

・デザイン

  金属製のキャップとブラウンストライプがバランスよく組み合わされた美しいペン。60年以上昔に製造された製品の歴史が、腕時計のヴィンテージのイメージにピッタリ。様々な色合いが複雑に組み合わされたストライプは、複雑な文字盤やベルトの色とマッチする。

・機構

  ペリカンの万年筆が現代まで基本的に踏襲するピストン式インク吸入機構は、ヴィンテージでメカニカルな腕時計のイメージによく合う。

ペリカンシャープペンシル550」トートイス

・デザイン

  万年筆と同じシリーズ。万年筆のマッチング具合を考えたら、これしかない。

・機構

  芯をガッチリつかむクラッチ機構は、ヴィンテージでメカニカルなイメージに合う。

■まとめ

  歴史ある腕時計には、歴史あるペンを合わせたい。そうすると、見た目がマッチするだけでは得られない満足感が得られる気がする。

f:id:amamimori:20181208153318j:plain

<PR>