自分のブログ名

文具クエスト (ブンクエ)

スマート &シックな文房具を求めて試行錯誤

筆圧が低い人に向いている万年筆とは何だろう?

f:id:amamimori:20220402235353j:plain

しなりやすい軟調(フレックス)ペン先じゃないのかも

パイロットの筆圧測定での おすすめ

  以前パイロットの「筆圧・筆跡測定」に参加させてもらったら、測定結果は筆圧が「弱い」だったので、FA(フォルカン、超ソフト調)、SFM(軟調中細字)などの軟調(フレックス)のペン先を おすすめされた。

f:id:amamimori:20220403000002j:plain

  そして おすすめ通り軟調ペン先を使ってみたら ふんわりと優しい弾力で書いていて気持ち良かった。

  それから何年かすると筆圧が さらに下がってきて、考えが変わってきた。もしかしたら筆圧が低い人に向く万年筆は軟調ペン先ではないのかも。

■筆圧が低いとペン先を しならせない?

  筆圧が低くなるとペン先で紙を「なでる」ように書いている。筆圧の平均値が低いだけでなく、筆圧の変動(上下動)も少ない。

  だから普段は軟調ペン先でもペン先を あまり しならせないで書いている。たまに日本語らしいメリハリのある字を書こうとするときには筆圧の強弱をつけたりするが、それ以外は あまり しならせない。

  つまり普段は軟調ペン先らしい弾力を味わうことが なくなってきた。そうすると筆圧が低い人の普段使いには別のペン先が向いているのでは?

f:id:amamimori:20220402235736j:plain

軟調ペン先ではない面白さ

  筆圧が低くなるとペン先の弾力の代わりにペン先が紙をなでるときの手ごたえ(フィードバック)が良く分かるようになってきた。例えば、自動車のハンドルの手ごたえ(ステアリング インフォメーション)で路面の様子が分かるような感じ。これは弾力に代わる面白さ。

  そういう感触は完全に滑らかな軟調ペン先よりも、若干ザラつきの残った細字で普通の硬さのペン先の方が良く分かる。もちろん引っかかるようなペン先ではダメだが、筆圧が低ければ多少のザラつき程度は引っかかるほどの抵抗にならずに書ける。例えば、じゃじゃ馬を大人しく乗りこなすような感じ。これは これで面白い。手が かかる子ほど可愛いようなものか。

■まとめ

  本当のところ軟調ペン先は筆圧の低い人に向いている というより、筆圧の高い人に向いてない ということだろう。

  筆圧の低い人には筆圧かけないとインクの出ない不調のペンを除いて、全てのペン先が おすすめだが、あえて硬くてザラつくペン先で紙をなでる感触を楽しむのも筆圧の低い人ならでは。

■注記

※このレビューは あくまで個人的意見

※ペンは 調整、インク、芯、紙等との関係により書き味が変わるので要注意

f:id:amamimori:20201107180144j:plain

その他 おすすめ記事はこちら

https://amamimori.hatenablog.com/entry/2019/01/01/130000

<PR>