自分のブログ名

文具クエスト (ブンクエ)

スマート &シックな文房具を求めて試行錯誤

テレワーク用の万年筆 パイロット「キャップレス螺鈿」(おすすめペン)

f:id:amamimori:20200530120252j:plain

テレワークで使う万年筆は会社で使う万年筆と選び方が違う

■自宅テレワークだと会社で使っていた万年筆が使いにくい

  以前紹介したように仕事手帳に万年筆を挿して使っている。その用途では、パーカー「ソネット」ラックブラックがベストだと思っていた。

   ところが、自宅でテレワークしていると ちょっと使いにくい。自宅テレワークだと ちゃんとした机がないので、ノートを ゆったり広げられるスペースがない。PCの上や膝の上など不安定な所にノートを置いて書くことが多い。そうすると、キャップを外したり、しなりやすいペン先で書いたり、というのが面倒だ。テレワーク用には違う万年筆を選びたい。

■テレワーク用に選んだ万年筆の条件

  テレワーク用の万年筆は、以下の条件を重視して、パイロット「キャップレス螺鈿」ブラックを選んだ。

①キャップなし

  狭くて不安定な所にノートを置いていると、キャップを外すのも面倒。キャップレスなら片手でノックして すばやく書ける。

②やや しなりにくい安定して書けるペン先

  ノートの下が不安定だと、ソネットのような しなりやすいペン先は書いた線がブレやすい。少し しないにくいペン先の方が安定する。キャップレスは ちょうど良かった。

③会社で使いにくい目立つ色柄

  外へ持ち出さないなら、会社で使うのに気が引けるような色や柄でも、もったいないような高価な万年筆でも使える。キャップレス螺鈿は、軸に施された螺鈿細工の宇宙のような輝きが素晴らしい。

f:id:amamimori:20200530120326j:plain

  逆に会社で使うときに重視していた以下の条件は自宅テレワークだと あまり気にしなかった。

①手帳など他の文具に合う色と形状

  周囲には違う色のモノも多いので、こだわらない。(自宅のカラーポリシーは会社と別)

②手帳や手に収まりやすい大きさ

  手帳のペンホルダーに入らなければ、ペントレイなどに置けばよい。

③リズミカルに書ける書き味

  不安定な所での書きやすさ優先なので、書き味の楽しみは後回し。

④割れにくい材質

  持ち歩かないので、落とす心配は少ない。(キャップレスは金属なので安心だが)

⑤気軽に どこでも使える使い勝手

  自宅ならばボトルインクからの補充も簡単。(キャップレスはカートリッジも使えるが)

f:id:amamimori:20200530120347j:plain

■まとめ

  自宅テレワークで使いやすい条件で選んだキャップレス螺鈿は、とても気に入っている。手帳のペンホルダーに収まるし、テレワークが終わっても そのまま仕事手帳用万年筆として使い続けるかもしれない。

f:id:amamimori:20200208203809j:plain

<PR>