文具クエスト (ブンクエ)

スマート &シックな文具で モチベーションアップ

ノートに合わせたマイベスト万年筆インク

f:id:amamimori:20180721124304j:plain

ノートの特性や使い方に合う万年筆インクを考えてみた。

■はじめに

  仕事用ノートなどを大量に書くとき万年筆で書くと、書き味が良くて気分が良いが、インクによって書いた字や書き味が大きく変わる。だから、自分が良く使っている仕事ノート日記帳の特性と使い方に合う万年筆インクを考えてみた。

■万年筆インクの気になる特性は

  ノートに書くとき、気になる特性をピックアップしてみた。

①色合い

  ノートの紙の色や罫線の色とインクの色の対比によって、字の読みやすさが変わる。紙とのコントラストが適度で、罫線に近くない色合いのインクだと、字が読みやすい。例えば、白い紙に真っ黒のインクで びっしり字を書くと、白/黒のコントラストがきつくて、目がチカチカする。また、罫線がブルーでインクもブルーだと、字を読むときに罫線が気になる。

②にじみやすさ

  ノートの紙質によっては、インクがにじみやすくて、字がつぶれたり、ページの裏にインクが染みたり(裏抜け)する。そういう紙の場合は、にじみにくいインクを選ぶ必要がある。例えば、染料インクだとペリカンのロイヤルブルーやブルーブラック、顔料インクだとセーラーの「極黒」や「青墨」などは、比較的にじみにくい。(※たまたま自分の場合の話なので、結果を保証しない。試すときは自己責任で)

③書きやすさ

  一般的に、インクの出(インクフロー)が良いと線がかすれず、インクの粘度が高いと書くときに滑らか(筆記抵抗が小)になるので、書きやすくなりやすい。実際は、万年筆とインクの相性によるので、相性の良い組み合わせが重要。万年筆と同じメーカの純正インクならば相性の問題は発生しにくいが、メーカが違っていても問題ない場合もある。

④耐水性

  外出先で使ったりして、水濡れする可能性のあるノートの場合、水によってインクの色が溶け出しにくい方が望ましい。例えば、顔料インクなど。(水に溶けにくいインクの場合、インクを固着させないためにペン先を よく洗浄するよう特に注意)

⑤耐光性

  ノートを長期間経った後に読み返す場合、日光で色が薄れないインクの方が望ましい。例えば、顔料インクなど。

⑥使い勝手

  ノートに書く頻度が少なかったり、ペン先が乾燥しやすい万年筆の場合、インクの蒸発しやすさや固着のしやすさが気になる。

⑦コスト

  ノートに書く分量が多いときは、インクの値段が気になる。

■仕事ノート: コクヨの「キャンパスノート」に合う万年筆インク

①色合い

  ノートが白い紙に薄いグレーの罫線なので、落ち着いた色合いで適度なコントラストがつく「ブルーブラック」のインクが良い。ブルーブラックと言ってもメーカ各社色合いが異なるが、仕事ノートとして読みやすさ優先で考えると、黒すぎず、明るすぎず、中間的な色合いが、適度なコントラストで好みだった。例えば、セーラーやペリカンのブルーブラックは黒寄り、プラチナは青寄り、パーカーは緑寄り。パイロットは、やや青寄りだが、中間的な色合いで好み。

②にじみやすさ

  インクが比較的にじまない紙なので、太字の万年筆でインクフローが良すぎない限り、インクは問わない。

③書きやすさ

  紙の表面が比較的滑らかなので、紙の特性上インクは問わない。書き方としては、仕事ノートは大量に字を書くので、すばやく書き進められるインクフローの良いインクが良い。例えば、パイロットのブルーブラックは、にじみやすいが、インクフローが良い。

④耐水性

  外出先でも使うので水濡れする可能性もあり、できれば耐水性の高いインクの方が良い。例えば、パイロットのブルーブラックは、染料インクながら、乾くと耐水性が比較的高い。(ブルーブラックと言えども耐水性の低いインクもあるので注意)

⑤耐光性

  仕事で読み返すのは せいぜい数年前で、ノートを開きっぱなしにしないので、一般的な耐光性のインクならば問題ない。

⑥使い勝手

  書く頻度は多いのだが、ペン先が乾燥しやすい万年筆(パーカーの「ソネット」)を使っているので、なるべく蒸発しにくいインクの方が望ましい。例えば、パイロットのブルーブラックは、ペン先が乾燥しやすかったノック式万年筆「キャップレス」に合わせてインクの成分が調整されているらしい。

⑦コスト

  書く量が多いので、なるべく安いインクが良い。万年筆インクの容量当たりの価格は、パイロットのボトルインクが安い。(カートリッジでもそれほど高くないので、外出用としてカートリッジもアリ)

⑧総合評価

  仕事用ノート「キャンパスノート」の場合、紙質のためインクのにじみやすさはあまり問題ないので、紙色や書く分量の多さに合わせて、インクフローが良く、コストの安いパイロットの「ブルーブラック」がベスト。

f:id:amamimori:20180721124450j:plain

■日記帳: 新潮社の「マイブック」に合う万年筆インク

①色合い

  文庫本のやや黄色がかった紙なので、黒インクが良い。紙の色によって、黒でもコントラストが強すぎないし、カラーインクだとインクの色が違って見えてしまって残念。(例えば、ブルーだと緑っぽく見えるし、セピアだと黒く見える)

②にじみやすさ

  かなりインクが にじみやすい紙なので、インクの量が少ない細字の万年筆にしたうえで、にじみにくいインクを選ぶ必要がある。例えば、セーラーの顔料インク極黒」は、比較的にじみにくい。(顔料インクと言えども にじみやすいインクもあるので注意)

③書きやすさ

  紙の表面が比較的ザラっとしているので、できれば滑らかに感じやすい粘度の高いインクが望ましい。例えば、セーラーの「極黒」は、顔料を均一に混合させるためなのか(?)比較的粘度が高く、滑らかに感じる。

④耐水性

  外に持ち出さないので、水濡れするとしたら、飲み物などをたらすか、水が付いたままの手で触ったときなどか。それほど可能性が高くはないが、長期間使う物なので、できれば耐水性の高い方が良い。例えば、顔料インクなど。

⑤耐光性

  10年以上前の日記を読み返すこともあり、置いてある本棚も日の当たる場所なので、できれば耐光性の高いインクが良い。例えば、顔料インクなど。

⑥使い勝手

  書かない日が続くこともあるが、ペン先が非常に乾燥しにくい万年筆(プラチナのスリップシール機構の万年筆「プレジール」)を使っているので、インクは問わない。

⑦コスト

  文庫本サイズだし、毎日書くわけでもないので、書く量は それほど多くない。だから、価格は多少高くても許せる。

⑧総合評価

  日記帳「マイブック」の場合、書く量が少ないためインクの値段などはあまり問題ないので、紙色・紙質や保管期間に合わせて、にじみにくく、滑らかで、耐水性・耐光性の高いセーラーの「極黒」がベスト。

f:id:amamimori:20180721124511j:plain

■まとめ

  ノートの特性や使い方に合う万年筆インクを考えてみた。その結果、仕事ノートには紙色や書く分量に合わせてパイロット「ブルーブラック」、日記帳には、紙色・紙質や保管期間に合わせてセーラー「極黒」が、マイベスト インクだった。(※あくまで自分の好みの問題)

f:id:amamimori:20180513230109j:plain

<PR>

パイロット 万年筆インキ INK-70-BB 70ml ブルーブラック

パイロット 万年筆インキ INK-70-BB 70ml ブルーブラック